ボタニカルシャンプーは、植物由来成分を原材料の大部分に使用しているシャンプーです。植物由来原料と聞くと、肌に優しい、刺激が少ないといった印象を受けますが、肌の弱い人にとっては、慣れない成分を使用することで肌トラブルが起きないか心配という人もいるかもしれません。

そこで、ボタニカルシャンプーはアトピー肌や敏感肌の人でも使えるのかどうか調べてみました。

ボタニカルシャンプーでも洗浄成分に注目して選ぶ

植物由来成分を多く使用しているというボタニカルシャンプーですが、ボタニカルシャンプーの中にも様々な種類がありますので、ポイントを絞って選びましょう。

アトピー肌の人は、ちょっとした刺激で肌に炎症などのトラブルを起こしてしまうので、シャンプーやボディソープなど毎日使うケア用品選びには気をつけていると思います。

シャンプーを選ぶ際には、洗浄力や洗い上がりの質感などポイントになる点は人それぞれですが、アトピー肌や敏感肌の人は、肌の刺激につながる洗浄成分に注目して選びましょう。

洗浄の中心となる成分は界面活性剤ですが、洗浄力の強い界面活性剤は、皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥肌になりやすく、肌トラブルが起きる原因となってしまいます。

ラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムといった高級アルコール系界面活性剤は、少量で強い洗浄力を持つので、低価格のシャンプーなどに含まれていますが、肌への刺激が強いのも特徴です。

そこで、アトピー肌や敏感肌の人におすすめなのが、ココイルグルタミン酸ナトリウムなどのアミノ酸系界面活性剤を用いた製品です。洗浄力はマイルドですが頭皮への刺激が少ないため、肌の弱い人でも安心して使用できるのではないでしょうか。

アトピー肌や敏感肌の人におすすめのボタニカルシャンプーは?

ボタニカルシャンプーという名前だけで、なんとなく肌に優しいような印象を受けますが、植物由来成分を配合していても、界面活性剤には刺激の強い種類のものを使用している場合があるので、ボタニカルシャンプーという表記があっても、成分をよく確認して選ぶ必要があります。

しかし、話題のボタニカルシャンプーをぜひ試してみたいと思っている人もいるかと思います。そんな人におすすめなのがボタニストの「ボタニカルシャンプーモイスト」です。

洗浄成分の界面活性剤として、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNaを中心に使用しています。これらは界面活性剤の中でも頭皮への刺激が少なく洗浄力がマイルドな成分です。

植物由来成分を90%以上使用している話題のボタニカルシャンプーですから、気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

植物由来原料を用いたボタニカルシャンプーには、アトピー肌や敏感肌の人にもおすすめできる製品があります。ボタニカルシャンプーと呼ばれる製品にも様々なものがありますが、選ぶ際のポイントとしては界面活性剤の成分に注目して選ぶと良いでしょう。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む