ナチュラル志向のヘアケア製品として話題のボタニカルシャンプーですが、スーパーやドラッグストアで市販されている一般的なシャンプーと比べてどのような違いがあるのでしょうか。ボタニカルシャンプーというと、その名称だけでなんとなく髪に良さそうな印象がありますが、意外と知らないボタニカルシャンプーの特徴について調べてみました。

ボタニカルシャンプーの特徴

ボタニカルシャンプーの「ボタニカル(botanical)」とは英語で「植物の」という意味があり、最近話題のボタニカルシャンプーとは、植物由来で作られた成分を多く配合したシャンプーのことを指します。

植物由来成分をわずかでも使用していればボタニカルシャンプーということになりますから、シリコンを使っていないノンシリコンシャンプー、有機栽培で作られた原料を用いたオーガニックシャンプーなどと違って、定義があいまいであり、メーカーによって成分が大きく異なり使用感や洗い上がりの質感などにばらつきがあります。

しかし、多くのボタニカルシャンプーでは、名前のイメージの通り、低刺激な洗浄成分を用いていたり、植物由来の保湿成分を使用していたりと髪や頭皮の健康維持に役立つシャンプーであると言えます。

普通のシャンプーとボタニカルシャンプーの違い

ボタニカルシャンプーと言っても様々な製品がありますが、レビューの評判が高い製品の多くは、以下のような点で普通のシャンプーにはない特徴があります。

洗浄成分による違い
普通のシャンプーが洗浄成分として主に高級アルコール系界面活性剤を使用しているのに対して、ボタニカルシャンプーではアミノ酸系界面活性剤を中心に使用しています。

高級アルコール系界面活性剤に分類される成分としてラウレス硫酸Na、ポリオキシエチレンラウリルエーテルなどがあります。成分表示にこれらの成分の記載があるシャンプーは、泡立ちや汚れ落ちには優れるのですが、洗浄力が強く、必要な皮脂まで洗い流してしまい頭皮が乾燥しがちになります。

これに対して、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Naといったアミノ酸系界面活性剤を使用したシャンプーは、洗浄力はマイルドですが髪や頭皮への刺激が少ないシャンプーです。

このように洗浄力に違いがあるため、ボタニカルシャンプーで洗髪するときは、普通のシャンプーに比べて時間をかけて丁寧に洗う必要がありますが、髪や頭皮に低刺激で頭皮トラブルを起こしにくいという特徴があります。

機能性成分の有無

シャンプーの本質は髪と頭皮を洗浄することですが、多くのシャンプーでは、これに加えて頭皮に潤いを与える、髪のダメージをケアするといった機能性成分が付与されています。

普通のシャンプーに比べてボタニカルシャンプーでは特に機能性をプラスしたものが多く、頭皮を保湿するサトウキビエキス、頭皮の炎症を予防する甘草エキスなど植物由来の成分で健康な頭皮環境を目指すことができます。

まとめ

スーパーやドラッグストアで市販されているシャンプーとボタニカルシャンプーでは、多くの場合において使用している洗浄成分が異なります。普通のシャンプーでは洗浄力が高く皮膚への刺激が強い高級アルコール系界面活性剤を使用しているのに対して、ボタニカルシャンプーでは洗浄力はマイルドですが低刺激なアミノ酸系界面活性剤を使用しています。

このほかに、ボタニカルシャンプーでは植物由来の保湿成分や抗炎症成分が付与されているという特徴があります。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む