敏感肌の悩みや環境への配慮などから、最近は自然派志向の化粧品を選ぶ人が増えてきているようです。ヘアケア製品でも自然派と称する製品を多く見かけるようになりましたが、中でも人気を集めているのがボタニカルシャンプーです。

そこでこの記事では、ボタニカルシャンプーの名前の由来や、一般的なシャンプーとの違いなど、ボタニカルシャンプーの概要について調べてみました。

植物由来成分を使用したシャンプー

ボタニカルシャンプーの「ボタニカル」とは、英語のbotanicalに由来し、日本語で言うと「植物の」という意味があります。インテリアやファッションの分野でボタニカルと言うと、植物柄のアイテムを意味します。また、芸術分野でいうボタニカル・アートは植物図鑑に描かれているような、細密な植物画のことで、どれも植物に関係しています。

このことから、ボタニカルシャンプーにも、植物が関係していることが分かりますが、ボタニカルシャンプーは植物由来成分を中心としたシャンプーです。

植物由来というと、なんとなく肌に優しいとか髪に良さそうというイメージがありますが、植物成分と言っても様々な種類があります。

また、植物成分以外にも洗浄成分である界面活性剤の種類によって髪に与える影響が異なりますから、植物由来という言葉だけで安心せず、どのような成分が配合されているのか確認しましょう。

ボタニカルシャンプーと一般的なシャンプーの違い

ボタニカルシャンプーと、ドラッグストアなどで広く市販されているシャンプーとの違いとして、有効成分が挙げられます。ボタニカルシャンプーには、肌の保湿や髪のダメージの修復などに効果が期待できる植物由来成分が配合されているのが特徴です。

また、ボタニカルシャンプーの中には、低刺激であることや、頭髪環境の改善を目的にしたものもあり、洗浄成分である界面活性剤にもアミノ酸系などの刺激が弱い成分を使っています。

一般的な石油系界面活性剤を使ったシャンプーに比べて洗浄力が劣ると言われることがありますが、従来のシャンプーによる強い洗浄成分によって髪のパサつきや頭皮の乾燥が気になる人は、低刺激のボタニカルシャンプーで改善できるかもしれません。

まとめ

ボタニカルシャンプーのボタニカルとは、英語で「植物の」という意味があり、ボタニカルシャンプーは有効成分に植物由来の原料を用いていることが特徴です。一般的なシャンプーよりも洗浄力がマイルドなので、従来のシャンプーによる頭皮の刺激が気になる人におすすめです。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む