ボタニカルシャンプーは、植物由来成分が配合されたナチュラル志向のシャンプーです。髪や頭皮の洗い上がりも優しいということで、多くの女性から人気を集めています。

では、ボタニカルシャンプーは頭皮から発する臭い対策も行うことができるのでしょうか?そこで今回はボタニカルシャンプーで髪や頭皮を洗うと、嫌な臭いが解消できるのかについて調べてみました。

頭の臭いを解消するために見直すべきこと

頭皮から変な臭いが発生してしまうのは、過剰に分泌された皮脂が酸化したり、古い皮脂や角質をエサとして増殖した雑菌などは原因です。頭皮は体の中で最も皮脂腺が多い部位なので、適切にケアする必要があります。

皮脂バランスが崩れている

頭皮ケアには様々なアプローチ方法がありますが、まずは、毎日使用するシャンプーを見直してみましょう。

特に毎日洗髪しているのに、時間が経つと頭皮が脂っぽくなる、臭いが気になるという人もいるでしょう。そういった方は使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎて、必要な皮脂まで洗い流している可能性があります。

頭皮は体の中でも最も多くの皮脂が分泌される部位で、適度な皮脂量は皮膚を乾燥や外部の刺激から守るという役割があります。ですが、過剰に分泌された皮脂は、毛穴に詰まって炎症を起こす原因となったり、時間が経って雑菌が繁殖すると嫌な臭いを発生させることがあります。

皮脂が洗い流されると肌表面が乾燥するので、肌を守るために余分に皮脂が分泌されるようになります。このような状態が続くと、必要以上に分泌された皮脂が古くなって雑菌が増殖したり、毛穴が詰まって炎症を起こす原因となることがあります。

臭いを抑えるためには、頭皮を常に清潔にしておくことが大切になりますからシャンプー選びは重要となります。

シャンプーに含まれる洗浄成分

ドラッグストアやスーパーの店頭などで販売されているシャンプーの多くは、洗浄成分として石油系界面活性剤を使用しています。石油系界面活性剤は少量で高い洗浄力を持ちますが、使用量によっては肌のバリア機能として必要な皮脂まで取り除いてしまう場合があります。

また、すすぎが不十分でシャンプーが地肌に残ってしまうと、肌表面の角質、タンパク質を変性させると言われています。このため、普段から皮脂量が少ない人や、ちょっとした刺激で炎症を起こしてしまう敏感肌の人は、肌トラブルを発生させる原因となることがあります。

このようなトラブルを避けるために、最近注目されているのが、石油系界面活性剤以外の成分を使用したシャンプーです。中でもアミノ酸系やベタイン系界面活性剤を用いたものは、適度な洗浄力で肌への刺激が少ないので敏感肌の人にもおすすめです。

ボタニカルシャンプーは頭皮ケアに最適!

ボタニカルシャンプーは植物由来の成分を配合しており、肌に優しいというイメージをお持ちの方も多いでしょう。評判の高いシャンプーの多くは洗浄成分がアミノ酸系のものが多く、肌に低刺激な成分を使用しています。さらに、植物由来の保湿成分により地肌の乾燥防止にも効果が期待できます。

つまり、必要な皮脂は残しつつ、古くなった皮脂は綺麗に洗い流すことができるので、頭皮の臭いを抑えることが期待できるのです。

ボタニカルシャンプーの効果については、以下のページでも詳しく紹介しています。
どんな効果が期待できる?ボタニカルシャンプーの特徴とメリット

ボタニカルシャンプーを使用する際の注意点

注意する点を挙げるとするなら、洗浄成分がマイルドなシャンプーは、整髪剤などが多くついた状態だと汚れが落としきれず油分が残ってしまうことがあります。そうなると頭から臭いが発生する原因となることがあります。

そのような場合は、シャンプーをする前の予洗いを丁寧に行ったり、2度洗いをしたりして汚れが残らないようにしましょう。また、ボタニカルシャンプーも通常のシャンプーと同様、すすぎは入念に行うことが大切です。

ボタニカルシャンプーの使用における注意点については、以下のページでも詳しく紹介しています。
ボタニカルシャンプーのデメリットや使用方法での注意点について

まとめ

頭皮から臭いが発生する原因の一つとして、古くなった皮脂や角質に雑菌が増殖することが挙げられます。頭皮を清潔にしようとして強い洗浄力のシャンプーで洗いすぎると、頭皮への負担が大きく、さらに悪化してしまうことがあります。

洗浄力のマイルドなボタニカルシャンプーなら、頭皮への刺激を抑えつつ、臭いの予防に効果が期待できます。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む