シャンプー後に排水口に溜まった大量の抜け毛を目にすると、髪が薄くなっているのかな?と不安になりますよね。抜け毛予防には、普段の食生活やストレス、睡眠時間などの生活習慣の見直しが大切ですが、毎日のシャンプーも重要な要素です。

最近話題のボタニカルシャンプーは、植物由来成分配合で、髪や地肌に優しいと評判のシャンプーですが、抜け毛予防にも効果があるのかどうか調べてみました。

抜け毛が増えてきたらヘアケアを見直そう

人間にはおよそ10万本の髪の毛が生えていると言われています。そして、常に新しい髪と古い髪が入れ替わっています。通常、1つの毛根では、髪が伸びる成長期、成長が止まる退行期、活動がストップする休止期、髪が抜け落ちて新しい髪の成長が始まる脱毛期というサイクルを4~6年の間に繰り返しています。

このため、一度のシャンプーで100本ほど髪が抜けても自然な抜け毛だと考えられます。また、抜け毛の量は、季節によっても変化します。中でも夏の紫外線によるダメージが表面化する秋は、一年で最も抜け毛が多い時期です。

このように、誰にでもある程度の抜け毛は起こり得るものですが、抜け毛の増える季節でもないのに、最近抜け毛が増えてきたと感じたら、普段のヘアケアを見直してみましょう。

抜け毛予防に適したシャンプーとは?

シャンプーだけで抜け毛を予防するのは難しいのですが、抜け毛予防には正しいヘアケアが必要ですから、毎日使うシャンプーにも気をつけたいですね。抜け毛予防のためには、皮膚表面を守るために必要な皮脂を残しつつ適度な洗浄力を持つ洗浄成分と、保湿や血行促進に役立つ成分を含むシャンプーが適しています。

スーパーやドラッグストアなどの量販店で安売りされているシャンプーの中には、肌への刺激が強い石油系界面活性剤を使用した製品があります。石油系界面活性剤は、少量で高い洗浄力を持ちますが、頭皮の保護に必要な皮脂や水分まで洗い流している場合があります。

乾燥肌や敏感肌の人は、石油系界面活性剤ではなく、洗い上がりがマイルドなアミノ酸系や糖質を原料としたベタイン系界面活性剤を洗浄成分に用いた製品が適しているでしょう。

ボタニカルシャンプーで抜け毛対策

ボタニカルシャンプーは植物由来成分を使用したシャンプーということで、髪や地肌に優しいというイメージがあるかと思います。イメージの通り、アミノ酸系などマイルドな洗浄成分を用いた製品ならば、植物由来の保湿成分で髪や地肌にうるおいを与えることもでき、弱って抜け毛が増え始めた頭皮も優しくケアすることができるでしょう。

しかし、ボタニカルシャンプーと言っても、配合されている成分は、メーカーによって様々ですから、ボタニカルシャンプーという名称だけで安心せず、洗浄成分や保湿成分などの成分表示をよく確認してから購入するとよいでしょう。

まとめ

ボタニカルシャンプーには様々な種類のものがありますが、洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤などを用いた製品ならば、頭皮を優しくケアすることができ、また、植物由来の保湿成分によって抜け毛の少ない健康な頭皮作りに役立つでしょう。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む