ボタニカルシャンプーは植物由来成分を原料に使用したシャンプーで、なんとなく地肌や髪によさそうというイメージがありますね。しかし、シャンプーの特徴を決めるのは、洗浄成分である界面活性剤です。そこでボタニカルシャンプーに使用されている界面活性剤はどのような成分なのか調べてみました。

界面活性剤の種類と特徴

テレビCMやドラッグストアの店頭でよく目にするシャンプーには「しっとりまとまる」「ダメージを修復する」などの宣伝文句が見られますが、シャンプーは髪と頭皮を洗うものですから、一番大切なのは洗浄力です。

汚れを落とす主な成分は界面活性剤ですが、界面活性剤にもいくつか種類があり、洗浄力や肌に与える影響などに違いがあります。
原料によって分類すると、一般的に、石油系界面活性剤は、少量で高い洗浄力が得られますが、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥しやすいという特徴があります。

これに対してアミノ酸系界面活性剤は、適度な洗浄力で肌への刺激が少ないのですが、大量生産に向いていないので、シャンプー自体の価格が高くなりがちです。

洗浄力が高すぎては、肌に悪影響をもたらしますし、洗浄力が十分でなければシャンプーの意味がありませんから、製品によっては、石油系、アミノ酸系の界面活性剤を組み合わせて配合しているものもあります。

ボタニカルシャンプーで使用される界面活性剤は?

ボタニカルシャンプーという名称は、植物由来原料を配合して作られたシャンプーのことを指すだけで、使用される界面活性剤について規定はありませんから、製品によって石油系、アミノ酸系、石けん系などさまざまです。

代表的なボタニカルシャンプーである、BOTANISTの「ボタニカルシャンプーモイスト」では、最も多く使用している界面活性剤としてコカミドプロピルベタインを配合しています。

これは、砂糖大根(ビート)などに由来する糖質を原料とした成分でベタイン系界面活性剤と呼ばれます。
アミノ酸系シャンプーと同等の安全性で、洗浄力がマイルドなのが特徴です。

次に多く使用されているのがココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNaという成分ですが、これらは適度な洗浄力を持ったアミノ酸系成分です。

このほかに、ある程度の洗浄力を与えるために、ラウレス-4カルボン酸Naなど石油系の界面活性剤も少量使用されているようです。

まとめ

ボタニカルシャンプーは植物由来成分を使用したシャンプーのことを指すので、メーカーによって、使用している洗浄成分は様々です。しかし、ボタニカルシャンプーとして評判の高い製品の多くは、洗浄力がマイルドなアミノ酸系洗浄成分を使用しており、頭皮への刺激を抑えてシャンプーすることができます。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む