ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーなど、今までにも自然派と呼ばれるシャンプーがありましたが、最近話題を集めているのがボタニカルシャンプーです。

植物由来成分配合で、地肌や髪に優しいと言われるボタニカルシャンプーにはどのような効果が期待できるのか、調べてみました。

ボタニカルシャンプーの特徴

ボタニカルシャンプーは、植物由来成分を使用したシャンプーのことを指しますが、それ以外に規定がありませんので、メーカーによって使用される成分も様々です。
ただ、多くのボタニカルシャンプーで見られる特徴として以下のようなものがあります。

洗浄力がマイルド

地肌に優しいというイメージの通り、ボタニカルシャンプーの洗浄成分には、一般的なシャンプーに比べて洗浄力のマイルドな界面活性剤が使われています。

一般的なシャンプーには、少量で高い洗浄力を持つ石油系界面活性剤が使用されていますが、石油系界面活性剤は肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうと言われており、乾燥肌や、刺激に敏感な肌の人にとってはトラブルの原因となることがあります。

これに対してボタニカルシャンプーでは、アミノ酸系や糖質を原料としたベタイン系などの界面活性剤が使用されています。
大量生産に向いていないので、これらの界面活性剤を使用したシャンプーは、比較的高額ですが、肌や髪への刺激が少なくて済むのがメリットです。

保湿成分が豊富

ボタニカルシャンプーは、植物由来原料を使用しているという意味ですから、製品によって、配合されている成分は様々です。
しかし、ほとんどのボタニカルシャンプーにおいて、保湿成分を中心に、一般的なシャンプーにはない特徴的な成分が配合されています。

ボタニカルバスブランドとして定番とも言えるBOTANISTの「ボタニカルシャンプーモイスト」にはサトウキビエキスやセラミド2といった植物由来原料の保湿成分が配合されています。

ボタニカルシャンプーを使用して期待できる効果

アミノ酸系やベタイン系などのマイルドな界面活性剤を用いたシャンプーは、皮膚の洗いすぎを防ぐので、肌に必要な皮脂膜を守り、乾燥やかゆみを防ぐ効果が期待できます。また、植物由来の保湿成分が配合されたボタニカルシャンプーは、頭皮にうるおいを与えてくれます。

化粧水や保湿クリームで顔や体をケアするのと同様、頭皮にも保湿ケアが必要です。ボタニカルシャンプーで地肌を洗浄するとともに、潤い成分を与えることで、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を防ぐことができると考えられます。

まとめ

植物由来原料で作られたボタニカルシャンプーは、製品によって配合されている成分は様々ですが、一般的なシャンプーに比べて洗浄成分がマイルドで、保湿やダメージケアに効果的な成分が多く含まれているのが特徴です。一般的なシャンプーで頭皮の乾燥が気になる人や、敏感肌の人におすすめできるでしょう。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む