加齢臭は主に中高年の人に多いというイメージが強くあるかと思いますが、近年、加齢臭で悩む20代、30代の人々が増えていると言われています。しかも男性だけではなく、女性の間でも加齢臭が発生して来ていると言います。

その背景には、欧米化した食生活が関係していると言われています。若い世代はジャンクフードや添加物たっぷりのレトルト食品、動物性脂質のお肉、脂肪分の多いバターやチーズ、生クリームを使用したスイーツなどを好んで食べる傾向にあります。

このような食生活は加齢臭生活を余儀なくさせる基です。加齢臭は臭いを抑える石鹸などで、身体を洗うと臭いを一時的に軽減させることが出来ますが、身体の外側からの対策だけでは根本的解決にはなりません。

加齢臭は身体の内側からの対策が非常に重要で、カギとなるのが食事です。つまり食生活を改善することで、気になる加齢臭を抑えることが出来るのです。そこで今回は加齢臭を抑える成分を含んだ食べ物についてご紹介します。

カボチャの抗酸化ビタミン

抗酸化ビタミンにはビタミンE、C、A(β-カロテン)などがあり、脂肪酸の酸化を防止する働きがあります。

カボチャはビタミンA(ベータカロチン)、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化成分が豊富に含まれており、緑黄色野菜の中でも抗酸化力が極めて高い野菜です。脂肪酸が酸化することで、発生する加齢臭をしっかりと抑制してくれます。

オリーブオイルのオレイン酸

オレイン酸は一価不飽和脂肪酸の一種です。体内で他の脂肪酸から合成できない為、摂取する必要がある必須脂肪酸です。

オリーブオイルの主成分は、オレイン酸です。オレイン酸は、酸化しにくいと言う特徴を持っており、ポリフェノールやビタミンEなどの抗酸化成分まで含まれています。ですので、加齢臭が気になると言う方には、まさにベストな油といえるでしょう。

黒酢のクエン酸

黒酢の主成分は酢酸です。酢酸は体内でクエン酸に変化します。クエン酸には脂質の多い肉類などを食べ過ぎて、酸性に傾いた身体をアルカリ性に傾けて、雑菌の増殖を持続的に抑える静菌作用があります。

黒酢は強い抗酸化作用のあるビタミンEが豊富な玄米を1~3年ほど発酵・熟成させて作られます。これにより、抗酸化成分はより高まる為、より高い加齢臭予防が期待出来ます。

まとめ

加齢臭が拡散している背景には、外食の増加や食の欧米化に伴い、栄養バランスに富んだ和食離れが進んだことにあります。食生活が変われば、体質も変化し、体から発生する臭いも変化していきます。

それはつまり、加齢臭も毎日の食事で、改善させることが出来るということです。その為には、加齢臭を抑える成分を含んだ食品を摂取することが大切です。

身体の内側からケアして、加齢臭のお悩みとさよならしましょう。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む