加齢臭の臭いとは、「中高年のオジさん独特の不快な臭いである」とは良く言いますが、それは非常に漠然としており、具体的にどんな臭いなのかは分からないという方は多いのではないでしょうか?

40歳を過ぎれば、自分の臭いが加齢臭かどうかを判断することは、非常に重要なことであると言えます。

加齢臭の臭いと普通の体臭の原因は異なる為、対策方法もそれぞれ異なってくるからです。そうなると益々、加齢臭とは、一体どんな臭いなのか気になってきますよね。

そこで今回は、加齢臭はどんな臭いなのかをご紹介したいと思います。

加齢臭の臭いとは

人それぞれ個人差がありますが加齢臭の臭いは、概ね以下のように表現されます。

1.天ぷら
2.チーズ
3.ロウソク

ノネナールは皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することで、生じる為、率直に言うと加齢臭は酸化した臭いです。その為、加齢臭は脂肪分の多い天ぷらやチーズなどが酸化した脂の臭いだと表現されると考えられます。

またロウソクは空気中の酸素と結合することで、酸化反応を起こし、熱を発生させます。そして、酸化した物質の臭いがする為、加齢臭はロウソクと表現されると考えられます。

しかし、上記の臭いは悪臭であるとは言い難いですよね。それでは何故、加齢臭の臭いは、周囲から嫌がられるのでしょうか?それには、加齢臭のイメージ、混合臭が関係しています。

加齢臭のイメージとは

多くの方が抱く加齢臭のイメージとは、中高年のオジさんではないでしょうか?特に若い人は加齢臭=オジさんというイメージを強く持っている傾向にあります。

そして、若い人は清潔な生活環境に慣れてしまっている為、無臭であることが当たり前と思っている傾向があります。特に若い女性は、清潔な環境を強く好みますよね。

これにより、加齢臭=不潔なオジさんの体臭というイメージに塗り替えられてしまったのです。このような間違ったイメージが加齢臭は不快な臭いであると言うことを常識化させてしまったと言えます。

混合臭とは

加齢臭の臭いは、混合臭であると言われています。混合臭とはノネナールに汗臭や口臭、タバコの臭い、アルコールの臭いなどが混ざり合った臭いのことです。

つまり、実際はノネナールだけが臭うというわけではないのです。皮脂が酸化した臭い(加齢臭)と様々な臭いと細菌が作り上げる体臭(混合臭)がその人の臭いとなるのです。

その為、加齢臭の臭いは、この混合臭であるというのが実態です。そして、この混合臭がイメージ臭として、加齢臭と感じるパターンが出来上がっていくのです。

まとめ

加齢臭の臭いの基であるノネナールは、単体では悪臭を発生させることはありません。しかし、加齢臭は不快な臭いであるということはすっかり世に定着してしまいました。

その理由に間違った加齢臭のイメージと混合臭があります。結果的には加齢臭は混合臭である為、周囲に不快な臭いを放出するのも事実です。

ですので、加齢臭の不潔なオジさんというイメージを持たれてしまわない為にも体臭全般をケアしていくということが大切となります。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む