最近、体から悪臭がする。もしかして、加齢臭?と、心配な方の多くは、自分が加齢臭であるかを判断する方法を知りたいと、思っている方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、自分の臭いが加齢臭なのかを判断する方法はあるのかについて調べてみました。

加齢臭の判断方法とは

加齢臭の判断方法には以下があります。

1.家族に臭いを嗅いでもらう
2.耳の裏を指で擦る
3.顔(額や鼻など)がテカリやすい

1の場合・・・なるべく率直に言ってくれる加齢臭のしない臭いに敏感な若い娘さんなどに嗅いでもらうのがベストです。

2の場合・・・耳の裏を指で擦って、その臭いを嗅いでみてください。もし指からチーズのような臭いがした場合、加齢臭である可能性があります。

3の場合・・・加齢臭は皮脂腺から皮脂が分泌されることで、体臭は汗腺から汗が分泌されることで、臭いが発生します。つまり、汗を掻きやすい人は、汗による体臭。

そして、皮脂の分泌が多い部位であると言われる顔がテカリ気味な人は、加齢臭を発生している可能性があります。

嗅覚の慣れとは

実際、加齢臭であるかを明確に見極めることは困難と言います。何故なら、臭いは突然、発生するものではなく、時間が経過するに伴い発生します。

その為、いつの間にか自分の臭いに慣れてしまっているということがあるからです。それには嗅覚の慣れが関係しています。

例えば、香水の香りがキツ過ぎる場合、多くの人は不快と感じます。しかし、そんな不快な臭いでも一定時間以上嗅いでいると、臭いが麻痺してくると言います。

これは、人間の嗅覚が疲れやすい為、慣れが生じやすいという証拠です。また人間の嗅覚には個人差がありますので、よって、全ての人が加齢臭の臭いを不快に感じるというわけでもありません。

加齢臭の複合臭とは

複合臭によって、加齢臭の臭いは人それぞれ異なってきます。加齢臭の臭いは脂が酸化した臭いですがこの臭い物質であるノネナールが単体で臭うと言うことはありません。

加齢臭の臭いは、様々な臭いが重なり合って、臭いを発生させます。これを複合臭と言います。

実際には以下のような臭いと混ざり合うことで、加齢臭の臭いが強くなります。

1.タバコの臭い
2.二日酔いの臭い
3.汗臭
4.口臭
5.制汗剤
6.整髪剤

この為、この臭いは加齢臭ではないと判断することはより困難となります。

まとめ

このように自分の体臭が加齢臭かどうかを判断することは難しいと言えます。しかし、加齢臭の原因と普通の体臭の原因に違いはあっても臭いを抑えるように努めるというエチケットが必要であると言うことは同じです。

特に加齢臭は、体臭や口臭など様々な臭いと混ざり合うことで、臭いが強くなるという特徴があります。ですので、加齢臭かどうか判断がつきかねない場合、とりあえず体臭が気になったらなるべく早い段階で、他の臭い対策からスタートさせましょう。

これにより、加齢臭の不快な臭いまで軽減させることが可能となります。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む