頭皮の皮脂分泌が過剰で、常に脂っぽい状態が続くと、加齢臭のような臭いが発生していないか気になりますね。
皮脂による頭皮のべたつきや、臭いを軽減に効果的な頭の洗い方について調べてみました。

皮脂汚れから臭いが発生する仕組み

加齢臭は、体全体から出ていると思われがちですが、特に臭いを発しているのが皮脂腺が多く集まっている部分です。耳の後ろや胸の周りのほか、頭皮は体の中でも皮脂腺が最も多く集まっている部分ですから、加齢臭が気になる人は、頭の洗い方を見直してみるのがおすすめです。

加齢臭などの体臭は、過剰に分泌された皮脂や汗が皮膚常在菌などによって酸化・分解されることで生じます。

中でも、皮脂に含まれるヘキサデセン酸が、過酸化脂質によって分解されて発生する「ノネナール」と呼ばれる物質は、加齢臭の元になる臭い成分として知られており、ノネナールには油っぽいような青臭いような、臭いに独得の特徴があります。

加齢臭というと中年男性のものというイメージがありますが、実は男女問わず発生する臭いであり、特に女性ホルモンの働きが低下する更年期以降は、それまで抑えられていた皮脂の分泌量が増えるため、女性も男性と同じく加齢臭などの体臭のケアが必要になります。

毎日のシャンプーで皮脂汚れを洗い流す

加齢臭の原因として皮脂汚れがありますから、過剰に分泌された皮脂が溜まらないよう、毎日のシャンプーが臭いケアの基本となります。シャンプーをするときに気を付けるのが、泡で優しく洗う、洗いすぎない、という点です。

油性の皮脂汚れは水やお湯だけでは落としきれませんから、シャンプーの泡で浮かせて落とします。シャンプー剤をそのまま頭につける人は多いかと思いますが、直接つけるよりも手にとって軽く泡立ててから使用すると、汚れ落ちがよくなり、頭皮への刺激を軽減することもできます。

また、爪を立てたりゴシゴシと強い力で洗うと、摩擦で頭皮を傷つけてしまうので、指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。
また、加齢臭が発生しやすい耳の後ろも重点的に洗うようにしましょう。

さらに、皮脂が気になるからといって一日に何度もシャンプーをすると、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥してフケやかゆみの原因となります。

さらに、頭皮の乾燥を回避するために皮脂腺が過剰に皮脂を分泌するため、加齢臭の発生につながってしまいますから、一日一回のシャンプーで皮脂汚れを落としましょう。

まとめ

頭皮は体の中でも特に皮脂の分泌が多い部分ですから、皮脂の酸化によって発生する加齢臭が出やすいと言われています。古い皮脂が頭皮に蓄積されないよう、1日1回のシャンプーで過剰に分泌された皮脂を洗い流すことが大切です。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む