40歳を過ぎると中高年特有の体臭、いわゆる加齢臭が発生するようになると言われています。しかし、加齢臭という言葉は良く耳にしても一体何が原因で、引き起こされるのか分からないという人は意外と多くいるのではないでしょうか?

40歳以降になっても加齢臭を発生させない素敵な中高年になる為には、早い段階で加齢臭対策を行うことが大切です。その為には、まず加齢臭の原因について知っておくことが重要となります。

そこで今回は加齢臭の原因について、ご説明したいと思います。

加齢臭が起こる理由とは

加齢臭とは文字通り、加齢に伴い発生する臭いのことです。年齢を重ねることで、髪が薄くなったり白髪やシワ、たるみなどが増えていきますが加齢臭はこれらと同じ、老化現象の一種なのです。

ですので、加齢臭が起こる理由を率直に申し上げますと、それは老化です。そして、この老化に至った原因というのがあります。つまり、加齢臭の起こる基についてです。

加齢臭の原因とは

老化により引き起こされる加齢臭は、生理現象と言えますが、しかし、そこには何かしらの原因があります。まずは、加齢臭の臭いの基となるノネナールと言う物質からご説明しましょう。

ノネナール

加齢に伴い発生する臭いの原因物質であるノネナールは、資生堂の研究によって発見されました。

20代~70代までの男女のシャツに付着した成分を解析すると、若い人のシャツからは殆ど検出されなかったノネナールが40代以降の中高年のシャツからノネナールが多く検出されたことで、加齢臭という新たな老化現象の存在が明らかになったのです。

脂肪酸と過酸化脂質

加齢臭が発生する原因にノネナールがありますが、しかし、ノネナールが発生するにも何かしらの原因があります。ノネナールは皮脂腺で、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで生じます。

過酸化脂質とはコレステロールや中性脂肪といった脂質が活性酸素によって酸化されたものです。ノネナールは40歳を過ぎた頃から増える傾向にあると言われています。

ノネナールが増える理由は、加齢に伴い脂肪酸と過酸化脂質が増加する為です。その為、40歳以降になると加齢臭が発生しやすくなるのです。

活性酸素

皮脂腺で脂肪酸が酸化して、ノネナールが発生する原因には、以下の2つが関係しています。

1.脂肪分
2.活性酸素

脂肪分は皮脂腺から分泌され、酸素に触れることで、酸化反応を引き起こします。そして、ノネナールが発生します。

日頃から脂肪分の多い食事を摂っていれば尚更、皮脂から分泌される脂肪分は多くなります。また加齢に伴い、運動量が減ったり、代謝が低下することも脂肪分が増える理由です。

活性酸素は40歳を過ぎると急増すると言われています。これは酸化に対する体の抗酸化力が低下する為と考えられています。

これにより、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加してしまうのです。また活性酸素が増えすぎると、生活習慣病、がんなどの重篤な病を引き起こす恐れがあります。

まとめ

このように加齢臭とはなかなか奥が深い生理現象であり、老化現象です。しかし、仕方ないと何の対策も行わずにいれば加齢臭の独特の臭いで、周囲を不快にさせてしまいます。

ニオイの曲がり角が訪れる前になるべく早い段階で、加齢臭対策を行いましょう。それにはまずしっかりと加齢臭の原因を知ることからスタートさせてください。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む