人は誰でも年を取ると髪が薄くなったり、白髪やしわ、たるみなどが増えていきます。このような老化現象は、避けられない傾向にあります。

しかし、年を取ると引き起こされる老化現象は他にもあります。それは加齢臭です。

加齢臭は文字通り、年齢を重ねることで発生する老化現象ですが若い頃から対策を行っていけば加齢臭の発生を避けることが可能だと言われています。それには若い頃からの加齢臭対策が重要だと言います。

そこで今回は加齢臭を発生させない素敵な中高年になる為に若いうちから出来る加齢臭対策についてご紹介します。

加齢臭は40歳から

加齢臭は40歳から発生すると言われています。なぜ、40歳からなのか?それには加齢臭の臭い物質であるノネナールが関係しています。

皮脂腺に含まれる脂肪酸が酸化するとノネナールが作られます。これにより、加齢臭の独特の臭いが発生します。

ノネナールは40歳から徐々に増えていく為、加齢臭は40歳からスタートすると言われているのです。また40代を過ぎると酸化に対する抗酸化力も弱っていくことで、ノネナールを生み出すパルミトレイン酸(脂肪酸)が増えて行きます。

これにより、皮脂の酸化は、更に促進され、加齢臭の臭いがより強くなっていきます。

加齢臭は、体内年齢!?

加齢臭は、あくまでも体内年齢を意味します。加齢臭は体が老化すると発生する体臭の一つです。その為、20代からでも加齢臭が出る場合があります。

通常、若い頃は新陳代謝が活発ですので、細胞がどんどん新しく生まれ変わっていきます。そして、身体の抗酸化力が高まることで、活性酸素による皮脂の酸化を抑制することが出来ます。

このような実年齢相応の若い体内年齢であれば加齢臭の臭い物質であるノネナールの発生の心配はありません。しかし、体内老化が進むと新陳代謝が低下し、活性酸素に対する抗酸化力が弱まることで、皮脂が酸化しやすくなり、加齢臭が発生してしまうのです。

加齢臭対策のポイントとは

以下の食事は簡単で便利ですが動物性脂肪が多い為、脂肪酸の酸化が増加することで、加齢臭の臭い物質であるノネナールが増加します。

・外食
・ファストフード
・インスタント食品
・レトルト食品

若い人は、特にこのような欧米化の食事を習慣化してしまいがちですので、注意しましょう。ですので、加齢臭対策において重要なポイントは、以下となります。

STEP 1.脂肪を控える

・肉類
・マヨネーズ
・揚げ物
・バター
・チーズ
・生クリーム

上記のような脂肪酸の源となる脂肪分の多い食品は控えます。

STEP2.酸化を抑える

・緑茶
・鮭
・柿
・カボチャ
・大豆食品

上記のような酸化を抑える食品を多く摂取します。

STEP 3.和食を意識する

・白米(玄米が理想)
・魚介類
・海草
・野菜
・豆類

上記の和食を意識しましょう。

「和食」は若い体の源!

食事は体の源であると言われるように私たちの体は、食べた物から作られます。そして、それは加齢臭も同様です。

10年後も健康で美しく、そして、加齢臭のない中高年になる為には今からバランスの良い食事を心がけていくことが大切です。そして、和食は、若い体の源であると言われる程、低脂肪で抗酸化作用のある食品が豊富です。

その為、加齢臭対策にはまさに最適な食事なのです。年を取ってから食生活を改善させるのは容易ではありません。

ですので、若いうちから和食中心の食習慣に切り替えていきましょう。

まとめ

年を取ることは避けられません。しかし、加齢臭は、若いうちから加齢臭対策をスタートさせることで、避けることが可能です。

それには、加齢臭対策に有効となる食習慣の積み重ねが重要です。これにより、10年後でも体内年齢を若くすることが出来ます。

10年後、加齢臭漂う残念な中高年とならない為に若いうちから和食を意識した食生活を習慣化していくことが大切です。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む