人の体臭には様々なものがありますが、40歳を過ぎたころから発生する加齢臭は、運動したあとの汗臭さと異なり、古い本やろうそくのような独特の臭いがあります。加齢臭対策の第一歩として、原因や手軽に始められる対策について調べてみました。

加齢臭の臭いの元「ノネナール」

化粧品メーカーの資生堂の研究によると、加齢臭の臭いの原因となる物質は「ノネナール」という不飽和アルデヒドの一種であることが分かっており、皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって酸化されることで発生します。

中年以降に加齢臭が発生しやすくなる原因として活性酸素がありますが、体内で活性酸素が増えると、9-ヘキサデセン酸を酸化させる過酸化脂質が増加し、加齢臭の元になるノネナールが発生しやすくなります。

活性酸素はストレスや喫煙など免疫力が低下する場面で発生し、体内に侵入した細菌などを攻撃したり、代謝反応を促す働きがあります。

使われなかった活性酸素は、体内の活性酸素消去機能によって除去されますが、加齢とともにこの機能が低下してしまうので、若い人に比べてノネナールが作られやすくなるのです。

加齢臭対策は頭から

加齢臭は頭から発生しやすいので、枕の臭いに違和感を感じたら、臭いケアに気をつけてみましょう。

皮膚の毛穴には汗や皮脂を分泌する腺があり、ここから分泌される皮脂は皮膚表面を乾燥などのダメージから守るという重要な役割があります。しかし皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まって炎症になるなど肌トラブルの原因となることがあります。

頭皮は体の中でも皮脂腺が最も多く集まっている部分なので、頭は加齢臭で臭いやすくなります。また、加齢臭と言うと、中年男性のものという印象がありますが、女性にも加齢臭はあります。

基本的に男性のほうが皮脂の分泌量が多いので、男性より臭い成分の発生が少ないのですが、皮脂の分泌量を抑えている女性ホルモンの働きが低下する更年期以降は、加齢臭を感じやすくなると言われています。

加齢臭対策シャンプーで注意する点

すぐに始められる加齢臭対策としては、加齢臭の臭いの元となるノネナールの除去や、余分な皮脂を洗い流すのに特化した加齢臭専用シャンプーなどを試してみるのがおすすめです。

そして、シャンプーの際に注意しなければならないのが、頭皮の洗いすぎです。臭いが気になるからと言って1日に何度も洗っていると、必要な皮脂まで取り除かれてしまい、頭皮が乾燥してフケが出やすくなります。

また、頭皮の乾燥を防ごうと、皮脂腺の働きが活発になり余計に脂っぽくなってしまうことがあります。またシャンプーのすすぎ残しは、臭いや頭皮トラブルの原因となりますから、しっかりとすすぎを行うこともポイントです。

まとめ

加齢臭の臭いの元になる成分「ノネナール」は、過剰に分泌された皮脂と、体内で発生する活性酸素によって作られます。

加齢臭は頭皮から発生しやすいので、加齢臭対策に適したシャンプーで、正しくシャンプーを行い、臭いを洗い流すのがおすすめです。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む