自分の頭皮の臭いで、周りに迷惑をかけていないか心配している方は意外と多いです。出来ることなら、今すぐにでも臭いを抑えたいことでしょう。そこで今すぐに実践できる頭皮の臭いを対処するコツについて紹介します。

明らかに自覚症状がある場合はもちろんのこと、周囲に臭っているかもしれないと気にするのであれば役に立つことでしょう。

腐った脂のすえたニオイが意味する原因

頭皮の臭いの特徴としては、腐った脂のようなすえた臭いが頭皮からします。中高年であれば、加齢臭が頭皮から発生する場合もあるでしょう。

フケが多いとそれに合わせて頭皮のニオイも出やすくなると言われています。しかし、フケ自体が頭皮のニオイを発生させているわけではありません。確かに無関係ではないのですが、フケが直接の原因というわけではないのです。

頭皮のニオイの主な原因を挙げるのであれば、溜まった余分な皮脂です。腐った脂のようなすえた臭い、これが証拠に他ありません。その点では、頭皮だけでなく腕など他の部位でも同じような臭いが発生することもあります。皮脂もフケと同様に臭いを発生しません。

大元を辿れば頭皮の皮脂に結びつく

頭皮のニオイの原因は、皮脂が細菌により分解されることや皮脂の酸化によるものです。余分に溜まった頭皮の皮脂がニオイを招きやすいのもこのためです。

中高年での加齢臭のようなニオイの場合でも、皮脂から関連してノネナールという加齢臭の元が作られやすいからです。フケが出て頭皮のニオイも出ている場合でも、フケを分解する細菌が皮脂とも結びつきニオイを出している場合があります。

また、フケ自体が皮脂と混ざり合っている上に、それが細菌による分解の際にニオイをだしていることもありえます。頭皮のニオイの大元を辿っていくと皮脂となりますが、過剰な分泌で余分に溜まっていれば、気付くほどの強いニオイを作りやすいのです。

ですから、頭皮のニオイを発生させる主な原因は溜まった余分な頭皮の皮脂である、と捉えることができるわけです。頭皮のニオイの特徴は、脂の腐ったすえたニオイがするもので、外から拾ってきた汚れによる髪の毛のニオイとは異なります。

発生の主な原因としては、大元を辿れば余分に溜まった頭皮の皮脂です。

シャンプーでの洗い過ぎやすすぎ残しは避ける

頭皮の臭いを対処するコツとしては、まず頭皮を清潔に保っておくことには他なりません。かなり大雑把に言えば、余計に分泌されすぎた頭皮の皮脂がニオイを発生させていると言えるからです。

ですから、シャンプーで頭皮や髪の毛を綺麗にしておくことは、頭皮の臭いの対処には欠かせません。ただし、シャンプーで洗いすぎるのもかえって頭皮の乾燥を招き、頭皮を脂症にしてしまうことがあります。

そのため、シャンプーに関してのコツとしては、シャンプー液を付けて洗うのは1日1回のみとし、それ以外はお湯だけで済ませます。また、すすぎ残しがあると汚れや雑菌が残り、それがニオイを発生させることもあるので、すすぎも充分に行うべきです。

健康維持でニオイ発生の原因を抑える

頭皮の臭いの対処には、頭皮の皮脂が余計に分泌されることを抑えるというのはもちろんのことですが、他にも臭いを抑える方法はあります。例えば食生活で言えば、油分の多い食べ物ばかりでなく野菜や穀物などをバランスよく摂ることも、頭皮の臭いを抑える効果があります。

そして、皮脂が余計に分泌されすぎている症状は、ストレスが招いている場合も多いです。規則正しい生活リズムに整えた方が、体の調子を良くするだけでなく頭皮の臭い対処にも役立つのです。

頭皮の臭いの対処には、頭皮を清潔にすることも大事ですが、それと同時に健康維持にも気を付けることがコツだと捉えられます。

皮脂の過剰な分泌を避けられれば、頭皮の臭いの発生も起こりにくいからです。

まとめ

頭皮の臭いの対処のコツは、頭皮を清潔にするだけでなく体の健康維持にも気を向けることが大切です。もし、頭皮の臭いの自覚症状ないものの周囲に臭っているかもしれないと気にする場合でも、発生を予防することに役立つはずです。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む