頭皮が赤く炎症を起こしたり、湿疹ができやすかったり、頭皮にトラブルが多い場合、食生活やストレスの影響もありますが、普段使っているシャンプーにも問題があるかもしれません。

毎日のシャンプーで頭皮が赤くなったり、痒くなったりする原因をしり、正しいシャンプー選びについて解説していきます。シャンプーの仕方や洗浄成分を見直して、健康な頭皮を目指しましょう。

頭皮が赤みやかゆみの原因

頭皮が赤くなってかゆくなるのは、何らかの頭皮トラブルで肌が炎症を起こしているためであると考えられます。頭皮で炎症が起きる原因として、毛穴づまりや雑菌の繁殖があります、

頭皮で過剰に分泌された皮脂をそのままにしておくと古い皮脂や角質が毛穴に詰まったり、汗や皮脂を栄養源として雑菌が増殖することで、肌が赤くなったり、かゆみが出たりするのです。

また、毎日のシャンプーも肌トラブルの原因となることがありますから、使っているシャンプー剤や、シャンプーの方法を見直してみましょう。

頭皮を荒らす際は優しく丁寧に!

シャンプーをするときに、皮脂汚れが気になるからといって力任せにこすったり、爪を立てて洗うと、摩擦によって頭皮が炎症を起こしたり、抜け毛が増える原因となってしまいます。

また、シャンプー後のすすぎ残しがあると、臭いやかゆみといった頭皮トラブルにつながりますので、すすぎは念入りに行いましょう。

健康な頭皮を作るシャンプー選び

洗浄力の高いシャンプーは、皮脂などの脂汚れを落とすのに効果的ですが、その分刺激が強く、乾燥や紫外線によって肌が弱っているときに使用すると、頭皮に赤みやかゆみが生じたり、ヒリヒリするように感じることがあります。

市販シャンプーの特徴

ドラッグストアやスーパーなどで販売されているシャンプーは、陰イオン性界面活性剤を洗浄成分として使用しており、ラウリル硫酸Naやスルホン酸Naなどが配合されています。

泡立ちがよく、洗浄力が高いため、広く流通していますが、肌の弱い人にとっては刺激が強いことがあります。

石けん系のシャンプーの特徴

このほかに、従来からよく使用されてきたのが、石けん系のシャンプーです。陰イオン性界面活性剤に比べて低刺激ですが、アルカリ性なので、洗い上がりに髪の毛のきしみや手触りがごわごわするなどの違和感を感じることがあります。

また、洗浄力が高いので、皮脂の少ない人は、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。

アミノ酸系シャンプーの特徴

最近話題になっているのが、洗浄成分にアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーです。

頭皮や髪を構成するタンパク質はアミノ酸が複数つながってできており、頭皮と同じく弱酸性のアミノ酸系シャンプーは、石油由来の陰イオン性界面活性剤に比べて肌への刺激が少ないと言われています。

ただしその分、洗浄力も穏やかであるため、皮脂が多い人は予備洗いを念入りに行ったり、2度洗いをするなどの工夫が必要でしょう。また、アミノ酸系シャンプーは一般的に市販されているシャンプーに比べて比較的高価なものが多いのも特徴です。

シャンプーには大きく分けて上記のような種類のものがあるので、頭皮の状態や汚れに合わせて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

頭皮のトラブルが頻発するようであれば、食事や睡眠などの生活習慣のほか、普段使っているシャンプーを見直してみるのもおすすめです。シャンプーを選ぶ際は、余分な皮脂を洗い流す洗浄力と肌への刺激を考慮して、バランスのとれたものを使いましょう。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む