最近よく見かける「ノンシリコン」という表示のシャンプーですが、普通のシャンプーとどのような違いがあるのでしょうか。ノンシリコンシャンプーの特徴や、使用することで得られる効果について調べてみました。

ノンシリコンシャンプーと通常のシャンプーの違い

ノンシリコンとはシリコンが入っていないという意味ですが、一般的なシャンプーにはシリコンに分類される「ジメチコン」「シクロメチコン」などの成分が含まれています。

これらの成分は髪の表面に付着して被膜を作り、髪の毛同士の摩擦を軽減して髪の手触りをよくしたり、髪にツヤを与えるなどの役割があります。

シリコンは熱や光に強く、柔軟性があり安定した素材なので、シャンプーだけなく、コンタクトレンズや調理用品にも利用されています。

シリコン自体が頭皮や髪にダメージを与えることはなく、トラブルの原因となることもありませんし、よく懸念されるように毛穴に詰まって炎症を起こすこともありません。

また、通常のシャンプーの方法ではシャンプー剤に含まれるシリコンが髪の表面すべてを覆うことはありませんので、ヘアカラーやトリートメントの成分が浸透しないという心配もないようです。

しかし、洗浄力の強いシャンプーの場合、シリコンが配合されていないと洗い上がりがギシギシとした手触りになってしまうため、シリコンをたくさん配合しなければなりません。

そこでシリコンが配合されたシャンプーが髪や頭皮に余計な刺激を与えると捉えられるようになり、ノンシリコンシャンプーが髪に優しいとして注目されているのです。

ノンシリコンシャンプーの特徴

このような理由から、ノンシリコンシャンプーに人気が集まっているため「ノンシリコン」という表記があるからといって、低刺激で髪のダメージを軽減してくれるというわけではありません。

ノンシリコンシャンプーの中にはシリコンの代用として他の成分が髪のコーティング剤として配合されていることがあり、代用成分が髪や頭皮に影響を与えるかどうかは、その商品によって異なります。

また、シャンプーにはシリコンを使用していなくても、同じラインのコンディショナーにシリコンが配合されている場合もあります。

さらにノンシリコンシャンプーの特徴として、髪にまとまりを与えるシリコンが入っていないため、髪のきしみが気になったり、指通りに引っかかりを感じることがあるようです。

また、シリコン以外の成分を使用していると、その分一般的なシャンプーに比べて値段が高いといったデメリットも挙げられます。

しかし、従来のシャンプーで髪への影響が気になっている人は、ノンシリコンシャンプーを使用することで、何かしらの違いを実感できるかもしれません。以前に比べてノンシリコンシャンプーのラインナップも増えてきているので、自分に合ったものを選んでみると良いでしょう。

まとめ

ノンシリコンシャンプーはシリコンに分類される成分が入っていないシャンプーのことで、シリコンの有無のほか、通常のシャンプーと洗浄成分も異なっていることが多いシャンプーです。

しかし髪の指通りやまとまりを与えるシリコンが入っていないため、製品によっては市狩りに違和感を感じることがあるかもしれません。自分の髪質や洗い上がりの好みによって選んでみましょう。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む