ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーに続いて、ナチュラル志向の人を中心に人気を集めているボタニカルシャンプーは、植物由来成分を中心に作られたシャンプーで、髪や頭皮に良さそうなイメージがありますね。

しかし、髪質や肌タイプには個人差がありますから、中にはボタニカルシャンプーが髪に合わない人もいます。そこでこの記事では、ボタニカルシャンプーの性質と、ボタニカルシャンプーが合う人、合わない人の特徴をまとめています。

ボタニカルシャンプーの性質

ボタニカルシャンプーは植物由来成分を使用したシャンプーのことを指しますが、植物由来成分をわずかでも配合していれば、ボタニカルシャンプーということになりますから、メーカーによって、シャンプーの成分や使用感は様々です。

しかし、口コミで評判の高いボタニカルシャンプーの多くは、一般的なシャンプーに比べて肌に低刺激な、アミノ酸系やベタイン系などの洗浄成分を使用しています。この他、植物由来の保湿成分やダメージ補修成分を配合して、健康な頭皮を形成するのに効果が期待できるでしょう。

ボタニカルシャンプーが適する人

多くのボタニカルシャンプーでは、洗浄成分に髪の毛と同じ成分であるアミノ酸系界面活性剤を使用しています。肌への刺激が少ない成分ですから、一般的に市販されているシャンプーでかぶれたことがある人や、乾燥肌、敏感肌の人には特におすすめです。

また、アミノ酸系、ベタイン系界面活性剤を洗浄成分に用いると、洗い上がりがしっとりすることが多いので、普段から髪のぱさつきが気になっている人は、一度試してみてもよいかもしれません。

ボタニカルシャンプーが適さない人

ほとんどのボタニカルシャンプーは、子どもも含めて老若男女、安心して使用できると言われていますが、髪質や肌タイプによっては、違和感を感じるかもしれません。

まず、髪に優しいと言われるボタニカルシャンプーは、髪や地肌への刺激が少ないのがメリットですが、同時に洗浄力が弱いのも特徴です。

このため、整髪料を多く使用していたり、皮脂の分泌量が多い人は、泡立ちや汚れ落ちが十分でないように感じるかもしれません。

また、アミノ酸系やベタイン系界面活性剤は、一般的なシャンプーに配合されている石油系界面活性剤に比べて、時間をかけてしっかり洗う必要があるのと、入念にすすぎを行わなければならないので、バスタイムに時間をかけられないという人にも不向きかもしれません。

まとめ

口コミサイトなどで高評価のボタニカルシャンプーの多くは、アミノ酸系やベタイン系界面活性剤を洗浄成分に使用しているので、低刺激で肌への負担が少なく、敏感肌や乾燥肌の人におすすめです。ただ、その分洗浄力が弱いので、皮脂汚れが多い人や整髪料を多く使った髪には、汚れ落ちが十分でないことがあります。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む