髪についたタバコや排気ガスの臭いがなかなかとれない、頭皮の脂っぽさが気になるなど、頭皮や髪に関するトラブルを抱えている人は多いのではないでしょうか。特に頭から発生する臭いは、人の鼻の高さに近いため、周りの人に臭ってしまわないか気になりますね。頭から発生する臭いが気になるとき、髪と頭皮の両方で対策が必要なことがありますから、それぞれに問題が無いかチェックしてみましょう。

頭皮と髪の毛の両方で臭いが発生しやすい

頭皮は皮脂腺や汗腺などの分泌腺が集まっており、頭髪によって湿気がこもりやすいので、臭いが発生しやすい部分です。頭皮の臭いの原因というと汗であるように感じますが、実は汗自体には臭いがほとんどありません。

汗そのものではなく、汗をかくことで増殖した菌が臭いを作る原因となっています。皮膚常在菌と呼ばれる、皮膚に自然に付着している菌が、汗や皮脂、古い角質などを増殖源として繁殖し、これらに含まれるタンパク質や脂質などを酸化・分解する際に臭いを発生させるのです。

特に夏場などの湿度が高い時期や、長時間帽子をかぶっていると、湿気がこもりやすくなり、菌が過剰に増殖してしまいます。

毎日のシャンプーで頭皮の臭い対策

頭皮から発生する臭いを防ぐためには、毎日のシャンプーで汗や埃などの汚れや、過剰な皮脂を洗い流すことが大切です。また、シャンプーだけでなく、シャンプー後は早めに髪と頭皮を乾かすようにしましょう。

頭が濡れたまま放置する時間が長いと、雑菌が繁殖しやすくなりますから、自然乾燥ではなく、頭皮に風を当てるようにしてドライヤーで乾かすのがおすすめです。

ダメージヘアは臭いを吸着しやすい

頭皮と違って、髪の毛自体からは皮脂や汗は分泌されません。しかし、髪の毛は臭いを吸着しやすい構造をしているため、頭皮から発生する臭いや、周囲の空気に含まれるい臭い分子が入り込んでしまいます。

髪の毛は中心部分のメデュラという芯状の柔らかいタンパク質の周りを毛皮質(コルテックス)と呼ばれる繊維状のタンパク質が取り囲んでできています。

髪の表面にはキューティクルの膜があり、コルテックスを取り囲んでいますが、パーマやヘアカラーなどででキューティクルが剥がれていると、コルテックス同士の隙間に分子が入り込み、臭いや汚れを吸着しやすくなります。

トリートメントなどのヘアケアは、見た目や手触りをよくするために役立ちますが、キューティクルを守って、髪に臭いがつきにくくするためにも大切です。

まとめ

頭皮は皮脂や汗の分泌量が多く、髪の毛は臭いを吸着しやすい構造をしているため、雑菌の増殖に適しており、頭は臭いが発生しやすい部分です。
頭皮側の対策としては、余分に分泌された皮脂が蓄積しないよう、シャンプーで洗い流して清潔に保つとよいでしょう。髪の毛は表面をコーティングしているキューティクルがはがれていると、臭い分子が入り込みやすいので、ダメージヘアをケアすることが大切です。

シャンプージプシーだった管理人の体験談

私が使用してきたシャンプー

当サイトの管理人は、これまで数多くのシャンプーを試してきて、シャンプージプシーと自他ともに認めるほどでした。そんなシャンプージプシーだった私が今、最もオススメするシャンプーと過去の体験談をお伝えします。今まさにシャンプー選びで悩んでいる方は、是非、読んでみてください。

体験談を今すぐ読む